2021/04/05 13:33

実はずっと変えたいなと思っていたNO.03の曲。


この茶葉は「紅茶」でも「ほうじ茶」でもなくて、

エレガントで上質な紅茶感と、ほうじ茶のパキッとした要素が

上手に合わさった美しい茶葉なんです。


うまくそれを最初は表現できなかったとずっと思っていました。

また変わるかも知れませんが、しばらくはこの新しいバージョンでいこうと思います。