2020/09/22 18:33

この度、音楽制作事務所 時の醸造所は、島根県出雲市内の酒屋おちらと(槙野酒店)と、
日本酒をもっと広く楽しんでもらうことを前提とした、
音楽を使った日本酒の販売促進活動を展開していきます。

内容としましては、
おちらとで取り扱いのある酒蔵の中から、日本酒の音楽を作曲し(特許出願)、
お客様が店頭で音を聴きながら好みの日本酒を選び、買う体験を展開します。


興味はあるが、日本酒の難しさやこれまで懸念されていたイメージで購入できなかった潜在層に向けて、
味わいや香り、余韻といった口や鼻での体験を、耳で行うことによって、
日本酒を選ぶ基準を変えます。
これによって、左脳での判断から右脳的な判断で日本酒を選ぶ事ができ、
お客様の好みの体験を選択できるというものです。

実店舗での試用期間を経て、アプリなどオンラインサービスの展開を予定しています。